小学生からプログラミング教育って必要なの? | 子供も大人も!新宿四谷(四ツ谷)のプログラミング教室 Knocknote Education(ノックノート エドゥケーション)

KnocknoteEducation

メニュー

KnocknoteEducation

【TV・雑誌で話題】子供も大人も!新宿四谷(四ツ谷)のプログラミング教室

  1. TOPページ
  2. 小学生からプログラミング教育って必要なの?

小学生からプログラミングって必要なの?

2020年

この年は何の年を指すか皆さん、ご存知ですか?
そうです。東京で開催されるオリンピック・パラリンピックの年です。

スポーツを軸に、日本が一丸となって世界に対して日本の技術力や文化を発信するための国際的スポーツイベントです。しかし、2020年東京五輪の裏で教育の現場では、劇的な変化が待っています。

それは「プログラミング」です。2020年の東京五輪と同じ年に
「プログラミング」が小学校で必修科目となります。

現在の動向

千葉県柏市では2020年に先立って、2017年から全小学校でプログラミング教育が実施される予定です。

これが意味することは、各自治体のITに対する取り組みへの温度差によって、お子様のパソコンに対する経験値に圧倒的な差が表れるということです。

言い換えれば、お子様がどのエリアに住むかによって、お子様のプログラミング能力に大きな差が生まれてしまうことになります。

幼少期に経験する経験と、大人で経験する経験との間で、その重要性が圧倒的に異なるのは皆様ご理解の通りと思います。

果たして、住む場所で教育格差が
生まれていいのでしょうか

皆様ご存知の通り、世界の先進国で共通するのは、各家庭の所得が減っていく一方、教育費は右肩上がりになっているということです。

これは教育が経済格差を生んでいるということであり、きちんとした教育を受けた子とそうでない子を比較すると、人生の選択肢の幅が圧倒的に変わります。

不都合な真実ではありますが、教育がお子様の将来の所得に決定的な影響を与えているのは間違いありません。

簡単な例として、帰国子女が挙げられます。
多くの帰国子女は英語の読み書きや会話で苦労しないため、 海外駐在経験のない日本人のかける大量の英語の学習時間を有効に活用でき、人生が圧倒的に有利になります。

教育が経済格差を生む

ここに私たちは問題意識があります。

プログラミングの2020年必修化に現在どれだけの親御さんが準備されていらっしゃるでしょうか?全てにおいて大事なのは準備です。

どれだけお子さんに質の良い経験を提供できるかで、お子さんの人生が楽なもであるかもしくは苦労を伴うのかが変わるのであるとするならば、 早めに人生において有益な経験ができるかが大事なのではないでしょうか。

「プログラミング」の必修化が与える影響

以下のものが考えられます。

  1. プログラミングは世界各国の共通語のため、将来英語、プログラミング言語の習得は誰しも求められる必須のスキルになる
  2. 高校や大学の受験科目になる
  3. プログラミングができなければ、就職活動で成功が難しい
    (TOEICの点数が低い人が就職活動の成功が難しいのと同じです)

KnocknoteEducationが行うべき事

上記のような影響に早く対処するため、我々は将来の日本を担うお子様皆様に上質なプログラミング教育を提供します。

現場で最先端のプログラミングに携わっている弊社だからこそ提供できるサービスがここにはあります。

「お子様に上質なICT教育、ICT経験を提供する」

このミッションを達成するため、従業員一同誠心誠意取り組ませて頂きますので、 まずは体験授業へご参加されてはいかがでしょうか。

お子様の才能を、我々がきちんと育んでまいりますことを、お約束させていただきます。

ホームへ戻る ▶︎